クレジットカードの住宅ローンへの影響

クレジットカードを所有していることは、基本的には住宅ローンには影響しません。
個人信用情報を調べればクレジットカードの所有枚数やショッピング枠がバレることがあるので、あまりたくさんのカードを持っていると影響するかもしれませんが、審査の前に整理しておけばすむことです。
住宅ローンに申し込む人は頭金、諸費用、その他引っ越し費用などで貯金を貯めているのが通常なので、クレジットカードを使いすぎているということもないでしょう。
もしもショッピング枠を使いすぎている場合には注意が必要です。
しかし、クレジットカードにキャッシング枠がついている場合には話は別です、キャッシング枠が50万円のカードを所有していれば、限度額が50万円のカードローンを所有していることと同じですので、審査に影響します。
現在進行形でキャッシング枠を利用してお金を借りている人は、住宅ローンの審査に申し込む前に返済してしまいましょう。
自動車ローンのような低金利のローンならともかく、クレジットカードのキャッシング枠のような高い手数料がとられるところでお金を借りているメリットは基本的にありません。
頭金を減らしてでも返済してしまうべきです。
できればキャッシング枠のついているカードは解約してしまいましょう。
年収に対して無理のない金額の枠があるだけならばそれほど影響はしませんが、不安要素は1つでも減らしておくのがよいでしょう。