住宅ローンの名義変更を親子で行う場合

自宅などを購入する際に住宅ローンを利用する人は多いです。
その際何らかの事情から両親が名義人となってローン契約を行い、その後親子間の名義変更を検討する人がいます。
しかし場合によっては手続きが行えなかったり、大きな負担を強いられることがあるため注意が必要です。
親子間で住宅ローンの名義変更を行う理由の一つとして挙げられるのが、子が返済能力があっても何らかの事情でローンを利用できなかった場合などが挙げられます。
そのため借入名義は両親でも返済は子といった状態の時に、名義変更を行うことがあります。
ただし行うためには債権者である金融機関などの合意が必要ですが、基本的には認められることはありません。
というのも銀行に名義変更を行うメリットがないばかりか、今後の支払いに関する問題が発生するといったデメリットのほうが大きいためとされています。
また名義変更を行ってしまうと両親に相続が発生した際に、住宅などの財産に対して借入金などの負債が小さくなってしまい、多額の相続税の納税義務が発生する可能性もあります。
このように様々な面から見ても親子間で住宅ローンの名義を変更することは簡単ではありません。
相続税や贈与税、金融機関の承諾など様々なハードルに照らし合わせて検討し、実行するかどうかの判断を行うことをお勧めします。