借りる前に知っておきたい住宅ローンと抵当権の関係

建物の新築や購入の際に気になることの一つに登記費用の金額があります。
住宅ローンを組む際に金融機関は担保として土地や建物に抵当権を設定するのですが、これにはいくつかのパターンがあり、それぞれで費用が異なるので注意が必要です。
一番オーソドックスなのは建物完成時に土地、建物に一括して抵当権を設定するパターンです。
建売の場合や中古物件購入のときは決済と同時に融資が実行されるので問題ありませんが、新築の場合は土地購入費用や着工金、中間金の支払いがあるため、先に融資を実行する場合があります。
この際の対応には住宅ローンを組む金融機関によって異なるのですが、土地に対して先に抵当権設定登記を求められるときがあります。
その場合、住宅用家屋証明書による減税が効きませんので、登録免許税は原則通り設定額の4%がかかってしまいます。
また、建物完成時に住所を変更するため、債務者の住所変更を求める金融機関もあり、その分の登記費用もかかります。
しかし、登記をしない場合にはつなぎ融資を受けることになりますが、つなぎ融資は金利が高い場合が多いので、竣工までの期間が長い場合は先程の登記費用を上回る事もあります。
住宅ローンを検討する時には自身の状況に照らしてケースバイケースで考える必要があります。