増築でも要件を満たせば住宅ローン減税が受けられる

住まいの購入に住宅ローンを利用すると、所得控除が受けられることはよく知られています。
しかしこの所得控除は、住宅を取得する時だけではありません。
省エネリフォームやそのほかの増改築でも受けられる場合があります。
いずれも控除を受けるには要件を満たす必要がありますので、工事の請負契約を結ぶ前に確認しておくことをお勧めします。
増築の場合、自分が所有する居住用の住宅であること、100万円を超える増築であることに加え、返済期間や床面積などの要件のうちいずれかを満たす必要があります。
大規模なリフォームであれば、住宅ローンを利用して控除を受けるのが賢明です。
返済期間が10年以上というのが要件の一つですので、複数回に分けて工事を行うよりも、一度にまとめて増築工事をしてしまったほうが効率的です。
半年以内に居住を開始し、年末まで住み続け、増築後の床面積50平米以上という要件を満たすことでも控除を受けることができます。
夫婦共働きで、住宅の名義もそれぞれ持ち分がある場合は、連帯債務にして夫婦それぞれが住宅ローンの所得控除を受けることができます。
逆に言えば、同居する親名義の住宅では、いくら工事費用を負担したとしても、控除を受けられませんので注意が必要です。

クレジットカードの住宅ローンへの影響

クレジットカードを所有していることは、基本的には住宅ローンには影響しません。
個人信用情報を調べればクレジットカードの所有枚数やショッピング枠がバレることがあるので、あまりたくさんのカードを持っていると影響するかもしれませんが、審査の前に整理しておけばすむことです。
住宅ローンに申し込む人は頭金、諸費用、その他引っ越し費用などで貯金を貯めているのが通常なので、クレジットカードを使いすぎているということもないでしょう。
もしもショッピング枠を使いすぎている場合には注意が必要です。
しかし、クレジットカードにキャッシング枠がついている場合には話は別です、キャッシング枠が50万円のカードを所有していれば、限度額が50万円のカードローンを所有していることと同じですので、審査に影響します。
現在進行形でキャッシング枠を利用してお金を借りている人は、住宅ローンの審査に申し込む前に返済してしまいましょう。
自動車ローンのような低金利のローンならともかく、クレジットカードのキャッシング枠のような高い手数料がとられるところでお金を借りているメリットは基本的にありません。
頭金を減らしてでも返済してしまうべきです。
できればキャッシング枠のついているカードは解約してしまいましょう。
年収に対して無理のない金額の枠があるだけならばそれほど影響はしませんが、不安要素は1つでも減らしておくのがよいでしょう。

住宅ローンや節税の情報となります

会社などを経営している方に関しては、節税をするのが一般的となります。
節税をする事の利点は支払う税金を抑える事ができる点が挙げられます。
そのため、大半の方が節税を行っており、効率よく稼いでいます。
もちろん、節税は犯罪ではないので積極的に行う事が重要です。
多くの方が買い求めているのが住まいとなっています。
住まいの購入費用を経費として計上する事ができます。
節税できるという事を肝に銘じておきましょう。
住まいを購入する時に大抵の方が活用するのが、住宅ローンです。
最近では、低金利の住宅ローンが増えており、債務者は利息の支払いを軽減させる事が可能となっております。
住宅ローンを組むのであれば、審査を受ける必要があります。
収入が期待できれば、簡単に審査を通過する事ができるので安心です。
返済期間が長くなる可能性が高いので、無理のない返済計画を作成する事が求められます。
これが、借金の事で苦労をしないようにする為のポイントです。
住まいを買ったら引っ越しをしますが、大量の荷物を運搬するのが常識となります。
荷物の運搬は家族で協力をする事が重要であり、そうすれば短時間で終わります。
結果として、スムーズに新生活を始められます。

住宅ローンの返済額は経費として認められるのか

不動産所得を計算する際には、「賃貸収入ー経費」の金額を元に税率をかけて所得税の金額を計算することになります(実際の計算はここからさらに所得控除や税額控除を行います)。
毎月の住宅ローンの返済はこの「経費」に含まれるでしょうか。
残念ながら住宅ローンの全額は経費として含めることはできません。
しかし、住宅ローンのうち「支払利息部分」については必要経費として含めることができます。
不動産所得の確定申告を行う際には記入漏れのないように注意しましょう。
次に、事業所得の申告を行う場合を考えます。結論からいうと、住宅ローンのうち「自宅」として扱っている部分については支払利息を事業所得の必要経費に含めることはできません。
たとえば、自宅兼事務所でフロアの3分の1を事業用にあてているという場合には、住宅ローン支払利息の3分の1だけを含めることができるということになります。
具体的な金額で考えると、毎月の返済額が10万円のうち、支払利息が1万円だったとすると、年間12万円の支払利息ということになりますが、上記の例だと12万円×3分の1=4万円だけを事業所得から差し引きできるということになります。
これより多くの支払利息分を差し引きしてしまうと、税務署から修正の指摘を受ける可能性が高くなりますので注意が必要です。”

住宅ローンの名義変更を親子で行う場合

自宅などを購入する際に住宅ローンを利用する人は多いです。
その際何らかの事情から両親が名義人となってローン契約を行い、その後親子間の名義変更を検討する人がいます。
しかし場合によっては手続きが行えなかったり、大きな負担を強いられることがあるため注意が必要です。
親子間で住宅ローンの名義変更を行う理由の一つとして挙げられるのが、子が返済能力があっても何らかの事情でローンを利用できなかった場合などが挙げられます。
そのため借入名義は両親でも返済は子といった状態の時に、名義変更を行うことがあります。
ただし行うためには債権者である金融機関などの合意が必要ですが、基本的には認められることはありません。
というのも銀行に名義変更を行うメリットがないばかりか、今後の支払いに関する問題が発生するといったデメリットのほうが大きいためとされています。
また名義変更を行ってしまうと両親に相続が発生した際に、住宅などの財産に対して借入金などの負債が小さくなってしまい、多額の相続税の納税義務が発生する可能性もあります。
このように様々な面から見ても親子間で住宅ローンの名義を変更することは簡単ではありません。
相続税や贈与税、金融機関の承諾など様々なハードルに照らし合わせて検討し、実行するかどうかの判断を行うことをお勧めします。

借りる前に知っておきたい住宅ローンと抵当権の関係

建物の新築や購入の際に気になることの一つに登記費用の金額があります。
住宅ローンを組む際に金融機関は担保として土地や建物に抵当権を設定するのですが、これにはいくつかのパターンがあり、それぞれで費用が異なるので注意が必要です。
一番オーソドックスなのは建物完成時に土地、建物に一括して抵当権を設定するパターンです。
建売の場合や中古物件購入のときは決済と同時に融資が実行されるので問題ありませんが、新築の場合は土地購入費用や着工金、中間金の支払いがあるため、先に融資を実行する場合があります。
この際の対応には住宅ローンを組む金融機関によって異なるのですが、土地に対して先に抵当権設定登記を求められるときがあります。
その場合、住宅用家屋証明書による減税が効きませんので、登録免許税は原則通り設定額の4%がかかってしまいます。
また、建物完成時に住所を変更するため、債務者の住所変更を求める金融機関もあり、その分の登記費用もかかります。
しかし、登記をしない場合にはつなぎ融資を受けることになりますが、つなぎ融資は金利が高い場合が多いので、竣工までの期間が長い場合は先程の登記費用を上回る事もあります。
住宅ローンを検討する時には自身の状況に照らしてケースバイケースで考える必要があります。

住宅ローンの返済が遅延してしまう場合

住宅ローンは長期にわたり返済が必要なものです。
返済期間中には、借入時には想定していなかったことが起き、収入や返済が困難となることも考えられます。
住宅ローンの返済が遅延する場合は早めに借入の金融機関に相談するのが良いです。
どのような対応を検討するかは金融機関によって異なりますが、返済額の見直しや返済期間の変更など、条件を変えることができることがあります。
具体的に、返済が遅延し滞りはじめた初期は、金融機関から電話や請求書による返済の督促がされます。
その後も滞納が続き、3ヶ月から5ヶ月遅延すると、督促状などの書面で返済金の支払いが強く求められます。
滞納が6ヶ月ほど過ぎると、住宅ローン残高の一括返済を求められます。
返済がどうしても不可能になった場合には、住宅を売却する必要があります。
その売却した代金でローンの残高を一括返済することになります。
売却の方法は二通りがあります。
金融機関の合意を得て、住宅を時価で売る方法です。
もうひとつは競売で落札する方法です。
住宅に抵当権を設定している金融機関が裁判所に依頼を行うもので、最低売却価格を決めて入札売却がされます。
このように住宅を売却しなくて済むよう、借入条件の変更は早めに行うのが良いです。

大人気の不動産を買って暮らす

大人気の住まいの一つとして、新築マンションが挙げられます。
ユニットバスなどの設備機器が数多くあって、居住者は生活をしていて不便に感じる事がないです。
住まいに関しては長期間に渡って使用すると当然のように老朽化してきます。
そういった時には、マンション売却をする必要があります。
マンション売却が初めての方は、セミナーに参加してアドバイスをしてもらう必要があります。
的確なアドバイスをしてくれるので、マンション売却をする時に失敗をする事が皆無です。
セミナーに関しては料金がかからない事が多く、気軽に参加する事ができます。
アドバイスを参考にして納得をしたら、住まいを売りましょう。
部屋が汚れていると不動産業者に対して悪い印象を与えるので、綺麗に掃除をする必要があります。
床や畳などの汚れを綺麗に取り除く事が、高値で売却する為の秘訣となっています。
高値で買い取ってくれる業者を見つけ次第、話し合いをして売る流れとなります。
売ったお金に関しては、口座に振り込まれるので確認をする事が大切です。
口座番号を間違うとスムーズにお金を受け取れないので、こういった点には注意しましょう。
売ったお金で新たな住まいを買う事になります。

マンション売却で鍵を握る不動産相場の動向

所有するマンション物件を処分する際には、できるだけ高く売る方法を模索するのが大切です。
売却の工夫次第では、想像しているよりも高く所有マンション物件が処分できます。
マンションを高く売るポイントは、不動産相場の動向をチェックすることです。
マンション価格は、需要と供給のバランスにより成り立っています。
マンションへの需要が大きければ、それだけ物件を高く売れる可能性が高いです。
一方で、不動産相場が下がっている状況でマンションを売却しても、期待していた通りの額で売るのは難しいです。
そこで、情報収集から得た情報を元に判断し、理想的な相場のタイミングを見計らってのマンション売却のが賢い方法です。
そのためには、常に不動産相場の動向について確認を要します。
常に不動産相場は変動しているため、情報はできるだけ新しい方が有利です。
またこれからどのように不動産相場が変動するのかについても、動向の予測できれば役立ちます。
こうしてマンション売却を有利にするための情報収集や分析を行っている間に、不動産の売買テクニックが自然と身につきます。
場合によっては、所有マンション売却だけでなく、資産運用のため不動産投資に乗り出すのも考え方の一つです。

住宅ローンで人気のランキングを確認しよう

住宅ローンをこれから組むと言うのであれば、できるだけ人気の高い所にお願いするようにしましょう。
人気の高い消費者金融会社や業者であれば、それなりにリーズナブルな金利手数料で住宅ローンを組むことができる可能性が高いです。
なので、人気を示すランキングなどに目を向けるようにしておきましょう。
人気ランキングサイトなどもインターネット上にあるので、上手に確認できるようにしておきたいところです。
インターネット環境が整っていないと言うのであれば、雑誌などでも掲載されている場合があるので確認しておくようにしましょう。
また、信頼と実績のあるところはランキングだけではなく、いろいろなところでもみかけられるようになっているので見逃さないようにしたいところです。
例えば担当になってくれる不動産業者に声をかけて、どのようなところがオススメなのかを教えてもらっても良いでしょう。
住宅ローンがかなり奥が深いので、今まで買ったことがない人にとってはなかなか難しいはずです。
しかし、だからといって適当に業者を選ぶのではなく、ランキングを大いに活用して、最も信憑性のある情報の中から、信頼できそうな業者をしっかりと選別できるようにしておきましょう。